映画オタクの使える英語

洋画や海外ドラマから使える英語をご紹介しています!

【海外ドラマで英語学習】「ビバリーヒルズ高校白書」から使える英語フレーズ S2E1

Beverly Hills, 90210の画像

引用元:Amazon.co.jp

こんばんは!
Hello, everyone!

前回に引き続き、アメリカだけでなく世界中で大ヒットしたアメリカのテレビドラマ「ビバリーヒルズ高校白書」(原題:Beverly Hills, 90210)から使える英語をご紹介します。

「ビバリーヒルズ高校白書」は、アメリカで1990年から2000年まで放送された青春ドラマで、今から2ー30年前になりますが、日常で使える会話が非常に多く使われています。

ドラマのご紹介はこちら!

【海外ドラマで英語学習】「ビバリーヒルズ高校白書」から使える英語フレーズ S1E1 - 映画オタクの使える英語


アマゾンプライムで絶賛配信中です!
本日は、シーズン2、エピソード1から英語フレーズをピックアップしてご紹介します。

「ビバリーヒルズ高校白書」S2E1のあらすじ

ビバリーヒルズ高校に、夏休みがやってきた。

ブランドンはアルバイト先のナットに、「ピーチピット」を辞めて、もっと時給が高い「ビバリーヒルズ・ビーチクラブ」で働ときたいと打ち明ける。
新しい車を買うために、お金が必要だったのだ。

そして、スティーブ、ケリーはビーチで過ごし、ブレンダ、ドナ、アンドレアは学校の演劇クラスをとることになる。

Name

夏休みをオクラホマで過ごす友人スコットに対して、デイビッドは「きっと楽しいよ」と言いますが、スコットは皮肉を込めて次のように言います。

3'09"

デイビッド:You'll have fun. 楽しいさ
スコット:Name one thing fun about Oklahoma. どんな楽しみが?

nameは「名前」の他に、動詞として「~の名前を挙げる」と言う意味があります

例文

How many of the 50 states of the U.S. can you name?

また、You name it.は、「そのほか何でも」、「何もかも」という意味の慣用句です。

ther is more to life (than)

ケリーが男の子の話ばかりするので、イライラしたブレンダがこう言います。

3'43"

ブレンダ:Kelly, can't you ever stop thinking about guys for one second? たまには男の子以外のことを話せない?
ブレンダ:l mean, there is more to life.

there is more to lifeは、「~だけが人生ではない」、「~より大事なものが人生にはある」と言う意味です。

台詞は、than guysが略されていて、直訳すると「人生には(男の子以外に)もっと大切なものがあるのよ」と言っています。

sweep under the rug

ブランドンはアンドレアと以前いい雰囲気になりかけたことを持ち出しますが、アンドレアは気まずい雰囲気になりたくないようです。

4'24"

アンドレア:Look, it's no big deal, Brandon. 何もなかったわ
ブランドン:lt's no big deal that we almost became a couple? 起きる寸前だった
lt's a little tough to just sweep under the rug, don't you think? 前と同じではいられない

no big dealは、前回も出てきましたね。

sweep under the rugは、直訳すると「敷物の下を履く」という意味ですが、「問題などをうやむやにする」、「隠す」、「闇に葬る」といった意味があります。

問題、失敗、過ち、不都合な事、不正行為などを隠してしまいためにうやむやにしたり、臭いものにふたをすると言った時に使われます。

部屋でごみを見つけた時に、そのごみを見られたくないために、ほうきで絨毯の下に入れて隠してしまうことに由来しています。

しかし、結果として表面では問題の存在は分かりませんが、実際にごみが無くなったわけではなく絨毯の下にあることから、本質的には何の解決にもなっていないという意味が込められています。

アメリカ英語ではrug、イギリス英語ではcarpetが用いられることが多いようです。

sweepの代わりに、brush、shove,、put、 pushも用いられます。 

例文

He tried to sweep his mistakes at work under the rug. 彼は仕事の失敗を隠そうとした

bail on~

スティーブはもっと時給のいい仕事を紹介するとブランドンに持ちかけますが、ブランドンはナットを見捨てるわけにはいかないと言います。

8'24"

ブランドン:But l don't wanna bail on Nat. でもこの店が...
スティーブ:Nat will survive. 大丈夫だって

bail on~は、「~を見捨てる」、「~を残して立ち去る」、「~とのデートをすっぽかす」という意味です。

例文

 She bailed on me after we had been working on together for years. 何年も一緒にやってきたが、彼女は私を見捨てた

bite the dust / I'll say

フレンダと母シンディーが会話しています。

8'56"

 シンディー:Another school year bites the dust.  もうすぐ夏休みね
ブレンダ: l'll say. そうね

biteは噛む、dustは埃やゴミのことです。

bite the dustは直訳すると「地面にある埃を噛む」となりますが、その意味は試合に負けた時などに選手が地面に頭をつける行為からきていて、「地面に倒れる」、「敗北する」、「故障する」、「戦死する」という意味があります。

台詞は、「また一学年が終わるわね」といった意味になります。

bite the dustは、イギリスの有名バンドQueenの歌のタイトル”Another one bite the dust(また一人倒れた)”からよく知られるようになったようですね。

I'll say.は、文「全くその通り」と言った意味で、相手が言ったことに強く同意を示す時に使います。

prompt / I'm just curious.

ブレンダは、母シンディーに始めて婦人科に行ったのはいつか?と聞きます。
そして婦人科に行った理由を聞くブレンダに、シンディーは不思議に思います。

9'29"

シンディー:What's prompting all this? なぜそんなことを?
ブレンダ:Nothing. l'm just curious. ただの好奇心よ

promptは形容詞として「迅速な」「即座の」と言う意味ですが、ここで使われているように動詞として「駆り立てる」、「引き起こす」といった意味でも使われます。

そして、相手に質問した時に、何故そんなことを聞くの?って聞かれることありますよね。

I'm just curious.は、そういった場合に、相手を警戒させないように「特に深い意味はないけどちょっと聞きたかっただけ」と言いたい時に使える表現です。

get the third degree

前述の続きの会話です。

ブレンダは母のシンディーにに色々と質問をしますが、シンディーは質問の意図が分からず、ブレンダが何か隠していることあるんじゃなにかと疑い始めます。
そこで、ブレンダは言います。

9'47"

ブレンダ:Can't l ask a question without getting the third degree? ただ聞いちゃいけない?

get the third degreeは、「厳しい尋問や追及を受ける」、「質問攻めに遭う」と言う意味があります。

台詞は直訳すると、「問い詰められることなしで質問出来ないの?」ということです。

on / pass one's lips

ブランドンはバイトが休みの日に、ナットさんに店を辞めたいと伝えるため、ピーチピットへ行きます。
ナットさんは、休みの日まで来るブランドンに感心して食べたいものをおごると言い出します。
26'22"

What would you like? Anything you want, on the house. 何にする? 店のおごりだぞ
On the house? l've never heard those words pass your lips before. ”おごり”?初めて聞く言葉だ

皆さんご存じのonですが、ここでは「(人や店の)おごりで」と言う意味で使われています。

The drinks are on me. 飲み物は私のおごりよ

pass one's lipsで、文「(言葉や秘密などが)口から出る」、「語られる」と言った意味です。

icing on the cake

ディランとブレンダは妊娠騒動の後、車の中で話をしています。
ディランはブレンダが両親に責められたことを悩んでいると思っていますが、それは二人の間の根本的な問題に、さらに悪い事が重なっただけなのです。

ブレンダ:lt's just the icing on the cake

icing on the cakeのicing(アイシング)とは、見栄えを良くするためにケーキにかける糖衣のこと。

アイシングはなくてもいいけど、あるとさらに嬉しい添え物です。

このことから、比喩的に「さらに良い事」、「さらに嬉しい事」と良いことが起きたあとに、さらに良いことが起きる場合に使われます。

実際には、良い事以外にも台詞のように悪い事が起きて、さらに悪い事が起きる場合にも使われます。

dump on

ブレンダに別れを切り出されて落ち込むディラン。
翌朝ディランはブランドンに会い、ブランドンがピーチピットを辞めてビーチで時給のいい仕事をするということを知ります。
ナットさんが悲しんでいると思ったディランは、兄妹揃ってウォルシュ家は冷たいと言います。

33'27"

Well, you Walshes have a way of dumping on people. ウォルシュ一家は冷たいな

dump on~は、「~を批判する」、「~を中傷する」と言う意味です。

lose out on / gig

前述の続きの会話です。
ディランにピーチピットを突然辞めたことを責められたブランドンは、こう言います。

33'38"

lf l didn't start today, l would've lost out on this gig. でも この仕事は即日しか・・・

lose out onは、「(チャンスを)見逃す」という意味です。
gigは、固定ではない「一時的な仕事」のこと。

ブランドンは「今日始めなければ、この仕事のチャンスを逃すことになる」と言っています。

bound to / go bust

ブレンダに別れを切り出されたディランを心配しているケリー。
スティーブは、彼らはもう潮時だったんだと言います。

37'42"

スティーブ:They were bound to go bust. 字幕なし

be bound toは、「しなければならない」、「~する運命にある」という意味です。
go bustは、「企業が倒産する」、「つぶれる」という意味です。

ここでは、ディランとブレンダの関係が壊れたことについて言っているので、比喩的に使われていますね。

「彼らの関係は壊れる運命にあった」ということでしょう。

bottom line

ブランドンは悩んだあげく、ビーチでのバイトを待って欲しいとオーナーのトーマスにお願いします。

38'37"

ブランドン:See, the bottom line is, Mr. Thomas, 待ってもらえるなら 
l'll promise to give this job my all 全力で働きます 
if you'll just allow me to give Nat the courtesy of a week's notice. ナットさんを裏切ることは出来ない

bottom lineは、「肝心なこと」と言う意味です。
The bottom line is~の形で使われることが多く、「要するに~」という意味です。

まとめ

いかがでしたか?

ビバリーヒルズ高校白書は、アマゾンプライムで配信中です。
プライム・ビデオ 30日間無料体験

以上参考になれば幸いです☆