映画オタクの使える英語

洋画や海外ドラマから使える英語をご紹介しています!

アメリカの若者がよく使うスラングGrossの意味とは?

アメリカの若者がよく使うスラングGrossの意味とは?

アメリカの若者がよく使うスラングGrossの意味とは?

こんばんは!
Hello, everyone!

今日は、若者がよく使うGrossという言葉をご紹介します。

Grossは、「総体の」、「全体の」という意味でビジネスシーンでも使われる言葉ですが、アメリカの若者が使うスラングでは別の意味があります。

アメリカのドラマ「クルーエル・サマー」シーズン1エピソード1で出てきた英語なので、セリフと共にご紹介します。

それでは、Let's get started!

目次

スラングGrossの意味とは?

Grossは、アメリカのスラングで「気持ち悪い」、「非常に不快な」、「嫌な」、「ゾッとする」という意味です。

unpleasant, disgusting, offensiveなどが同様の意味になります。

年配の人よりも、若者がよく使う言葉です。

日本語でいうところの「キモイ!」という言葉がぴったりです。

ちなみに、私がこの言葉を10年位前にオーストラリア人に言ったら通じませんでした。

ドラマでは、マロリーがジャネットの父の短パン姿を見てムラムラしたと言います。
それを聞いたジャネットは、キモイから辞めてといいます。

マロリー:I'm pretty sure that was my sexual awakening to be honest with you. 初めてムラムラしちゃった
ジャネット:Eww, gross! Mallory, come on! 気持ち悪い もうやめてよ

そりゃ、そうですよね。

ジャネットからしてみれば、親友が自分の父親に性的魅力を感じてるというんですから。

Grossが使えるシチュエーション

Grossは形容詞として、様々なシチュエーションで使うことが出来る便利な言葉です。

物事などが気持ち悪い

Oh, did yoy just burp? So gross. 今げっぷした?気持ち悪いなあ。
He said something gross. 彼が気持ち悪いことを言った

食べ物、人、物などの見た目が気持ち悪い

This soup looks so gross! このスープ超不味そう!
He is so gross! 彼超キモい!
Cockroaches look so gross! ゴキブリは超気持ち悪い 

食べ物の味が不味い(distaste)

This chicken tastes so gross! I wanna spit it out right now. この鶏肉はとても不味い!今すぐにでも吐き出したい。  

動詞のGross out

Grossは、動詞として使うことも出来ます。
gross 人 outで、「人を気持ち悪くさせる」、「人をうんざりさせる」という意味になります。

His eating habit gross me out. 彼の食生活は気持ち悪い
She is always grossed out when her fater tells her to get back by curfew. 彼女は父が門限を守るように言うので、いつもうんざりしている

また、gross-out「うんざりさせるもの」と名詞としても使えます。

Grossの他の意味

grossには他にも様々な意味があるので、見ておきましょう。

「総体の」、「全体の」 His gross income is higher than his wife's. 彼の総収入は妻より多い。

「ひどく太った」、「太り過ぎの」、「醜い」  I heard that he put on 10kg. I think he is gross. 彼、体重が10kg増えたそうよ。太りすぎだと思うわ。

「粗雑な」、「粗野な」 I can't stand his gross manners. 彼の荒々しい振る舞いには耐えられない。

「言語道断の」、「目に余る」 His actions and words are the gross violation of privacy. 彼の言動は目に余るほどのプライバシーの侵害だ。

まとめ

いかがでしたか?

スラングGross、色々なシチュエーションで使える便利な言葉なので、ぜひ使ってみてくださいね。

参考になれば幸いです。