わたしと英語

わたしと英語

わたしと英語

こんにちは!

私が英語と出会ったのは小学校6年生の時でした。
それ以来、英語は私にとって仕事や日常生活では欠かせないツールとなっています。

英語を勉強していて、本当に世界が広がり良かったと思っています。

目次

わたしと英語との出会い

わたしと英語との出会い

わたしと英語との出会い

私と英語との出会いは小学校6年生の時でした。
そんなに教育に熱心ではない両親が、何故か英語を習わせてくれたのです。

特に英語に何の興味もなかった私ですが、習うと同時に英語の世界にのめり込みました。

中学校に入っても、英語を習っていたおかげで、授業は復讐みたいなもので楽しかったです。
将来は、海外に住んで、もっと英語を話せるようになりたいなーと漠然と思っていました。
その頃からアメリカ映画が大好きになり、戸田奈津子さんのような海外スターの通訳が憧れでした。

高校に入っても、他の教科はあまり興味はありませんでしたが、英語だけは頑張って勉強をして常に学年1位か2位の成績でした。
私は、両親の反対で4年制の大学へは進めず、短期大学に進みました。

しかし、もっと英語を勉強したいという思いとは裏腹に、学校の授業は形式だけの授業でちっとも楽しくなかったんです。

憧れのオーストラリア留学へ

憧れのオーストラリア留学へ

憧れのオーストラリア留学へ

そしてついに、念願のオーストラリアへの留学を果たします。
短期大学を卒業してから一旦就職してから5年後、仕事を辞めて25歳の時にオーストラリアへ留学しました。

一年の語学留学の予定が、英語もオーストラリア生活も楽しくて帰りたくない、どうしても大学で勉強したいという思いでいっぱいでした。
結局、大学へ編入という形で入学をして、それから計4年のオーストラリア生活を楽しみました。

私は、とにかく海外生活に憧れていたので、ホームシックには全くなりませんでした。

オーストラリア生活で驚いた事

驚いたことは、アジアやヨーロッパからの留学生が沢山いたのですが、彼らは自分の英語が間違っていようと発音がおかしくても、とにかくしゃべります。

特に同じアジア人のタイ、ベトナム、韓国からの留学生も、相手に伝わっていようがいまいがしゃべります。

正直、タイや韓国人の英語は発音が全く聞き取れません。
でも彼らはとにかくしゃべります。

これが、日本人との英語上達の違いですね。

日本人は英文法が間違ったら、発音が汚い、とか気にしすぎで話すことが出来ないんです。
私も例外ではありませんでしたが。。。

これは、自分がどうみられているかを気にしすぎる、日本人の気質だから仕方ないのでしょう。

でも、やっぱりしゃべったもん勝ちなんです!

英語を勉強していてよかったこと

英語を勉強していてよかったこと

英語を勉強していてよかったこと

英語を勉強していて良かったことは沢山あります。
仕事に活かせる、外国人の友達が出来るということもありましたが、一番良かったことは、旅行で役立つということです。

旅行で役立つ

一つ目は、海外旅行をする時に役立つことです。
英語は世界共通語と言われていますので、英語が分かれば海外旅行も不安なく出来ます。
今は翻訳アプリなどがありますので、昔よりは英語が出来なくても旅行で困らないと思いますが、やはり限界があると思います。
やはり英語が出来るとコミュニケーションもスムーズに行えるので、トラブルを避けることが出来ますし、現地の人との交流も出来ます。

エジプトでの出来事

実は、エジプトに旅行に行った時にとても怖い目に合ったんです。
でも、英語が出来たおかげで助かったと思っています。

エジプトはイギリスの植民地だったので英語が皆分かるものかと思いきや、そうでもないんですよね。

友達とエジプト旅行中に、自由行動の時に迷子になったんですよ。
友達と喧嘩をして、勢いで一人街に出て行ってしまったんです。
携帯電話も持っていなかったのでパニックでした。

夕方だったので、とりあえず暗くなる前にホテルに戻りたいので、タクシーを捕まえなくちゃと思い、タクシーに乗り込んだんですが、運転手が英語が分からないみたいだったんです。

英語に違いフランス語とかだったら推測出来ますが、アラブ語なんて全く推測も出来ません。

なんか怖くなって、なんとか5つ星ホテルの前で降りたいと思い、目の前のホテルを指さして下ろしてもらうように言いました。
止まってくれるかも心配だったのですが、そこは無事止まってくれました。

それから、とりあえず5つ星ホテルに行ってそこからタクシーを呼んでもらおうと思ったんです。

ところが、エジプトって信号がないので(多分ない?見たことがないです)、皆さん道路を車を避けて上手く渡るんですよね。

私は慣れていないので、怖くて全く渡れないんです。

道路も渡れないし、心細くなっていたら、外国人らしいカップルを見かけて英語で声をかけてみました。
彼らはドイツから仕事できたカップルで、今からホテルに戻るとの事でした。

とにかく、「やったー!英語が通じた!」とホットしたことを覚えています。

事情を話すと、一緒について行っていいとの事でした。
そして、受付に話して、私の為にタクシーを呼んでくれました。

さすが5つ星ホテルです。
英語を話す運転手がすぐにきて、運転中も無線でやり取りをしていたので安心でした。とりあえず無事ホテルに戻る事が出来てホットしたことを覚えています。

いやー、始めに乗ったタクシーは危なかったかもしれません。
個人タクシーのような感じで、無線のやりとりもなかったし、言葉の分からない運転手と個室って怖いですよね。

英語があまり通じない国で起こった出来事で、英語が出来たからこそ助かったエピソードです。

まとめ

以上、わたしと英語の出会い、英語を勉強していてよかったことを書いてみました。
英語を勉強中の方、英語をこれから勉強するかたの参考になれば嬉しいです☆

アルク #トーキングマラソン 特別お題キャンペーン「わたしと英語」

アルク「トーキングマラソン」×はてなブログ 特別お題キャンペーン
by アルク「トーキングマラソン」