映画オタクの使える英語

洋画や海外ドラマから使える英語をご紹介しています!

感謝の気持ちを英語で | Thank youを含む様々な英語表現と答え方

感謝の気持ちを英語で|Thank youを含む様々な英語表現と答え方

感謝の気持ちを英語で|Thank youを含む様々な英語表現と答え方

こんばんは!
Hello, everyone!

今回は、thank youや他の感謝を伝える他の英語表現、それに対する様々な英語での答え方をご紹介します。

それではLet's get started!

基本的な「ありがとう」

基本的なありがとうの英語表現は、皆さんご存じの Thank you です。
Thank you の後に、程度を表す副詞をつけて気持ちを伝えましょう。

Thank you. ありがとう

Thank you very much. どうもありがとう

Thank you so much. どうもありがとう

Thank you as always. いつもありがとう

カジュアルな場面

カジュアルな場面では、Thank you を略して Thanks が使えます。
Thanks の後にも色々な副詞をつけることが出来ます。

Thanks. ありがとう

Thanks a lot. 本当にありがとう

Thanks a million. 本当にありがとう

~をありがとう

ありがとうの対象を明確にしたい場合は、Thank youの後にforをつけて目的語を置きます。

Thank you for everything. 色々とありがとうございました

Thank you for taking care of me. お世話になりました

Thank you for inviting us. 私達を招待してくれてありがとう

Thank you for your advice. アドバイスありがとう

Thank you以外の「ありがとう」の言い方

Thank you 以外にもありがとうと言う表現は様々あります。
フォーマルとカジュアルな場面に分けてご紹介します。

フォーマルな場面

Thank you も使えますが、ビジネスなどの場ではappreciateを使うとより丁寧になります。

I appreciate it. 感謝します。

We appreciate your understanding. ご理解感謝します(ご了承ください)

I appreciate your kindness. ご親切に感謝します。

カジュアルな場面

一瞬直訳して意味を考えなくては頭に入ってこないかもしれませんが、慣用句だと思ってそのまま覚えてしまいましょう。

I owe you one.(直訳:あなたに借りが出来た)⇒恩にきるよ

You shouldn’t have.(直訳:しなくてもよかったのに)⇒わざわざありがとう

You saved my life today.(直訳:あなたは今日私の命を救った)⇒今日は助かったよ 

You made my day.(直訳:あなたは私の一日を作った)⇒おかげで良い一日になったよ

「ありがとう」に対する答え方

「ありがとう」に対する答え方

「ありがとう」に対する答え方

相手に何かをして「ありがとう」や「感謝します」と言われたら、その後は何と言ったらいいのでしょうか?

「どういたしまして」にも、定番の You're welcome 以外にも様々な言い方があります。

You're welcome.

You're welcome.は、「どういたしまして」という意味のもっとも基本的な言い方です。
カジュアルな場面でもフォーマルな場面でも使えます。

A:Thank you for the information. 情報をくれてありがとう
B:You're welcome. どういたしまして

No problem. / No worries.

No problem.やNo worries.は、「全く問題ないよ」と言ったニュアンスで、親しい友人たちの間でよく使われるカジュアルな表現です。

A:Thanks for your help. 助けてくれてありがとう
B:No problem. どういたしまして

Thank you.

「こちらこそありがとう」という意味で、Thank youと答えます。
この場合のThank youはyouにアクセントを置いて言います。

A:Thank you for coming to the party. パーティーに来てくれてありがとう
B:Thank YOU. こちらこそ(招待してくれて)ありがとう

My pleaseure. / It’s my pleaseure.

My pleaseure.やIt’s my pleaseure.は、「私も嬉しいです」と言ったニュアンスがあり、フォーマルな場面で使われる表現です。

A:Thank you for taking the time to meet with me. 今日は会う時間を作って頂きありがとうございます。
B:(It's)my pleasure. どういたしまして

Anytime

Anytimeは、「いつでもどうぞ」と言ったニュアンスでカジュアルな場面で使われます。

A:Thank you for being here with me. 一緒にいてくれてありがとう
B:Anytime. どういたしまして

Sure. / Of cource

Sure.やOf courceは、「もちろんだよ」と言ったニュアンスでカジュアルな場面で使われます。

A:Thank you for keeping the secret. 秘密を守ってくれてありがとう
B:Of course. どういたしまして

まとめ

いかがでしたか?

Thank you や You're welcome 以外にもネイティブが使う表現は沢山ありますね。
You made my day!と言われて、Of course!などとさらっと答えることが出来るようになりたいですね。

以上、参考になれば幸いです☆