海外ドラマオタクの本当に使える英語

英語は使えなければ意味がない!洋画や海外ドラマから本当に使える英語をご紹介しています!

ネイティブが日常会話で使う英語スラング10選

ネイティブが日常会話で使う英語スラング10選

ネイティブが日常会話で使う英語スラング10選

こんばんは!
Hello, everyone!

今回は、初心者向け英語スラング10選と題して、ネイティブが日常会話で使う英語スラングを10選お届けします。

それでは、Let's get started!

cool (かっこいい、いいね)

coolは、人と物の両方に対して使うことが出来ます。
nice, greatと同様の意味です。

◆例文◆ That's a cool jacket.  (かっこいいジャケットだね)

awesome (素晴らしい)

awesomeは、非常に強い賞賛や驚きを表現する際に使います。
excellent, fantastic, amazingも同様の意味ですね。

◆例文◆ Your presentation was awesome!  (君のプレゼンテーションは素晴らしかったよ!)

hang out (遊ぶ、一緒に過ごす)

hang outは、友達と遊んだりするようなカジュアルな場面で使われます。

◆例文◆ Do you want to hang out this weekend?  (今週末一緒に過ごさない?)

bummer (残念、がっかり)

bummerは、予期せぬ失望や不満を表すときに使われます。

◆例文◆ We missed the last train. What a bummer.(残念、終電を逃してしまった)

no problem (問題ない、大丈夫、どういたしまして)

no problemは、相手への感謝や謝罪に対して気にしないという意味で使われます。

◆例文◆A: Thanks for your help.  (助けてくれてありがとう)
B: No problem. (どういたしまして)

chill (リラックスする、くつろぐ)

chillは、ストレスを感じないゆったりとした時間を過ごすときに使います。

◆例文◆  Let's just chill at home tonight. (今夜は家でゆっくりしよう)

dude (やあ、へい)

dudeは、主に男性同士の間で親しみを込めて呼びかけるときに使います。

◆例文◆  Hey dude, how's it going?  (やあ、元気かい?)

FYI (参考までに)

FYIはfor your imfomationの略で、最近よく耳にします。
読み方は「エフ・ワイ・アイ」です。

◆例文◆FYI, the meeting is rescheduled to 3 P.M. (参考までだけど、会議は午後3時に再スケジュールされたよ)

catch up (近況報告をする)

catch upは、長い間会っていなかった友達と会って近況を話すときに使います。

◆例文◆  Let's catch up over lunch. (ランチしながら近況報告しよう)

ripoff (ぼったくり)

ripoffは、「ぼったくりだ!」と言いたい場合、商品やサービスが非常に高価で価値に見合わないと思うときに使われます。

◆例文◆  This price is such a ripoff. (この価格は本当にぼったくりだ)


動画も作成しましたので、発音をチェックしてみてくださいね!

あわせて読みたい

youtu.be

まとめ

以上、ネイティブが日常会話で使うスラング10選をお届けいたしました。
参考になると幸いです☆