映画オタクの使える英語

洋画や海外ドラマから使える英語をご紹介しています!

海外ドラマ「ユートピア 悪のウィルス」から up toの意味と使い方

日常会話によく出てくるup toの意味と使い方とは

日常会話によく出てくるup toの意味と使い方とは

こんばんは!
Hello, everyone!

前回に引き続き、海外ドラマ「ユートピア 悪のウィルス」から英語フレーズをご紹介します。

映画の内容はこちらの記事を参考にしてくださいね。

englishlife.hateblo.jp

シーズン1、エピソード2に出てきた up to~ というフレーズです。

それでは、Let's get started!

up to~の6つの意味と使い方

up toはとてもシンプルな単語で出来ているフレーズですが、様々なシチュエーションで使うことが出来ます。

6つの意味と使い方の例文をご紹介します。

まずはドラマの台詞から。

7'38"

I knew Utopia was the key. やっぱりカギは 「ユートピア」だったのよ
New virus coming our way. 新型ウィルスが襲来するぞ
But when, where? いつ?
hat's up to us to figure out. 突き止めましょ
Yeah. 
To Utopia! 乾杯!
Ah, hmm.
To saving the fucking world. 世界を救うのよ
Yes!
Hear, hear! よっしゃ

*key 物理的な鍵以外にも、物事を解決するカギや秘訣といった意味でも使われる
come our way 事が(人)の行く手にやって来る、(人)に起きる
figure out 解明する
to Utopia 掛け声to~で、~に乾杯

「~次第で」、「~の責任で」

まずはドラマの台詞で使われているup to~で、この場合「~次第で」、「~の責任で」という意味になります。

主に相手の決断を促す時や、責任を持つ場合に使います。

up to+人、またはup to+人+to~という構文になります。

台詞の That's up to us to figure out. は、直訳すると「解明するかどうかは私たち次第よ」ということです。

例文

It's up to you. あなた次第よ

「~に従事して」、「~で忙しい」

up to~は、「~に従事して」、「~で忙しい」という意味になります。
例えば、久しぶりに会って挨拶する時にその人の状況を深く知りたい時に使われます。

例文

What have you been up to? 最近どうしてた?
Are you up to anything this evening? 今晩何かしてる?

「たくらんで」、「もくろんで」

up to~は、「たくらんで」、「もくろんで」という意味になります。
何かよくないことをしようとたくらんでいると言った場合に使われます。

例文

He is acting weired. I'm sure he's up to something. 彼の様子がおかしい。何か企んでいるに違いない
The children are very quiet. I wonder what they’re up to. 子供たちはとても静かだ。何をたくらんでいるのか。

「遂行できる」、「耐えられる」

up to~は、「(任務を)遂行することができる」、「(試練に)耐えられる」といった意味で使われることもあります。

例文

I'm sure you're up to it. あなたならきっとできる
I'm not really up to going to the movie tonight because I'm too tired. 疲れすぎて今夜は映画に行けない

「最大~まで」、「~に至るまで」

up to~は、「最大~まで」、「~に至るまで」といった意味で使われます。

例文 

最大~まで
Up to 50 guests can join the party. そのパーティには50人まで参加出来ます。
You can buy  accessories up to 60 % discount. アクセサリーを最大60%オフで買うことが出来ます

例文

~に至るまで
Up to now, we never thought about getting married. これまで(今日に至るまで)結婚なんて考えたこともなかった

例文

(物理的に)~まで
She pulls the blanket up to her chin when she sleeps. 彼女は寝る時に毛布をあごまでかける

「性に合っている」、「能力がある」

up to~は、文「人の性に合っている」、「~する能力がある」といった意味で使われます。

仕事や勉強が自分の適性に合っていない場合や、能力に満たない場合などに使われます。

例文

He isn't just up to the job. 彼はその仕事に合わない(能力がない)
You don’t have to go back to the English class if you don’t feel up to it. もし合わなければ(ついていけないと感じるなら)英語のクラスに戻る必要はない

まとめ

いかがでしたか?

「ユートピア 悪のウィルス」はアマゾンプライムで配信中です。
ぜひ、台詞を実際に聞いて確認してみてくださいね。

参考になると幸いです☆